野菜の豆知識

野菜の保存方法チェックポイント

野菜を新鮮で長持ちさせる保存方法【野菜の種類別に解説】

野菜の正しい保存方法

 冷蔵庫での保存

冷蔵庫で野菜を保存する

・ビニール袋にいれる
・茎や根を下向きに入れる(育ったとおりの方向で保存する)
・葉は折れないように保存する
・販売時に束ねているゴムなどは外した状態で保存する

※すぐに調理しない場合、葉は水分が抜ける原因なのですぐに切り離す

カット野菜

カット野菜はラップを付けかえ空気をいれる
水分は腐る原因なので十分ふきとる(1つでも腐ると隣の野菜へ移ってしまう)

にんじん・かぼちゃ

切り残したにんじん・かぼちゃ(中央のワタは抜いた状態)は断面をラップで包み冷蔵庫へ

セロリ

セロリは葉を茎をわけ冷蔵庫へ

だいこん・かぶ

だいこん・かぶは葉が根の水分を吸ってスが入りやすくなるので、葉と根の部分を切ってから密閉容器にいれ保存(葉はよく塩もみ後、絞ってから保存)

れんこん

切売りのれんこんは水につけ、密閉容器で冷蔵する

もやし

もやしはかために茹で密封容器で保存する

たけのこ

たけのこは丸ごと茹で水に浸し、冷蔵庫で保存する(水は毎日かえる)

うど

※うどは下ゆで後、皮をぬいた後、密閉容器に水をはり冷蔵庫で保存する(保存中にアクが抜ける)

グリーンピース

グリンピースはさやがついた状態で冷蔵保存する
かために茹で密封容器で保存する場合、1~2日持つ

極力早めに調理する野菜 ( 特に日持ちしない野菜 ):

小松菜・菜の花・なす/いんげん(特に低温保存に不向き)・しし唐辛子・オクラ・アスパラ・セロリ・もやし

冷凍する場合

冷凍庫で野菜を保存する

・調理する大きさに切る
・かために茹でる
・重ねずビニル袋に入れ密封する

トマト、枝豆・いんげん・さやえんどう・グリーンピース

はかために茹でた後、冷凍して煮込み料理に利用可能

アスパラガス

アスパラは根元・はかまをピューラで切り取り塩湯でかためにゆで冷凍保存する

里芋

里芋はゆで流水でぬめりをとった後、密閉容器に入れ冷凍保存する

山芋

山芋はすりおろした後、酢を少し加え冷凍パックに平らにし冷凍庫へ保存する

きのこ類

きのこは石づきをとってからわけてから冷凍庫へ保存する

柑橘系果物

かんきつ類は丸ごと冷凍可能

冷暗所での保存

冷暗所で野菜を保存する

・新聞紙にくるみ根元を下向きに保存する

 

冷暗所で保存する主な野菜:

白菜・うど・ねぎ・にんじん・ごぼう・玉ねぎ・じゃがいも・里芋・さつまいも・かぼちゃ

※湿気が腐る原因なので風とおしの良い場所で保存する
※冷蔵庫へ入れると茶色く変色するので注意!
※冷蔵庫へ入れる場合は茹でる前処理をしましょう
※切り残したにんじん・かぼちゃ(中央のワタは抜いた状態)・ねぎは断面をラップで包み冷蔵庫へ
※だいこんやかぶの葉は下ゆで後に冷凍庫へ
※じゃがいもを長期間保存する場合、りんごをいっしょにいれることで発芽を抑制できる

関連記事

  1. 野菜に付着した化学肥料の落とし方

    化学農薬・肥料の落とし方【野菜別に解説】

  2. 有機・特別栽培コーナー

    からだに良い野菜の選び方とは?美味しそうに見えるものは駄目

  3. 野菜の栽培方法

    野菜の栽培方法「有機栽培」と「特別栽培」の違いとは?

  4. スーパーで選ぶ美味しい野菜

    新鮮で美味しい野菜の選び方【野菜の種類別に解説】

PAGE TOP